改訂版ドルフィン・ジャンプ目次

2023年1月14日

イルカを助けるため水族館を訪れた少女カノン、
溺れたカノンを助けた広告営業のルークとトレーナーの理沙は
次第に巨大な陰謀に巻き込まれてゆく。
闇の組織は人類の覚醒を阻止するためチップを埋めていたのだ。
今こそ立ち上がれ!
ドルフィン表紙


この度、ドルフィン・ジャンプを技術進歩等対応のため改訂しました。
電子書籍版は12月下旬にアマゾンkindleにて発売開始されました。

紙版の発行は来年4月頃を予定してます。
無料公開は暫定的な期間限定となりますのでご了承下さい

改訂版ドルフィン・ジャンプ 全29章目次
青下線付きは現在公開中のリンクです

1 闇の声 
2 ロサンゼルス
3 検査ラボ
4 白頭鷲の翼
5 脱出
6 悩める理沙 
7 カノンのお願い
8 イルカショー
9 テレパシー?
10 DDP研究所
11 ディナークルーズ
12 ハルバート博士
13 フルブリーチ
14 ハルバート研究所
15 マックス救出作戦
16 告発
17 奇襲
18 メッセージ
19 証拠
20 『臨界ジャンプ』
21 闇の死闘
22 『臨界ジャンプ作戦』始動
23 マリア・グリーン
24 爆弾!
25 マリア・オンステージ
26 カノンのテレパシー入門
27 ビッグジャンプ
28 HEMP テレパシーの危機
29 カノンの言葉


覚えておきたい重要な登場人物


リサ・ヤマモト 山本理沙 イルカのトレーナー
苛めのストレス障害をハワイにあるイルカケア施設で治療、立ち直った。
暴行未遂事件に遭いロスに引っ越し水族館シーパークのトレーナーになる。

カノン・ウィルソン   ロサンゼルスの女子中学生
喘息と心臓の持病を持っている。母一人、弟一人の母子家庭。
夢の中でイルカから助けてほしいというメッセージを受けて驚く。

ルーク・フリードマン  ロサンゼルスの広告代理店営業チーフ
失恋の翌日、出勤途中の車にカノンが仮病で乗り込みイルカショーへ。
プールに落ちたカノンからイルカを悪人から助けたいと訴えられて……。

ロビン・ハルバート   イルカの言語学者
エリザベス・ハルバート ロビンの妻

その他の登場人物

ベアリー・エヴァンズ   広告代理店営業 ルークの部下
サマンサ・ウィルソン  カノンの母親

キャロル・ナヤール   スタイン研究所の助手 インド人
フィリップ・スミス   DDP研究所上席研究員
マシュー・チョウ    サンノゼ総合病院の脳外科医

アラン         ハッカー、プログラマー
サイイド・アリ     SCテレビディレクター 
マリア・グリーン    歌手 歌聖と呼ばれる
ハタオリ        機織和歌子  棒原神社巫女

ドナルド・ブラス    合衆国前大統領

ジョン・ワンダリー   合衆国大統領
ハリソン・キャンベル  首席補佐官

カークス        FEMA連邦緊急事態管理庁西地区統括官